いつもありがとうございます 7/21はお気軽ミステリーサイクリング開催、レンタル自転車もありますよ。ラインやお電話でお申し込みくださいね。

スノースクートフレーム AR Lsize エディション 無塗装ロウ 超限定入荷しています。

毎年少量生産で完売が続くARスノースクートフレームキットの超限定仕様AR Lsize ロングサイズエディションが超限定で入荷していますよ!

先日のブログでご紹介した今季発売のARデッキレスフレーム。沢山のお問い合わせありがとうございます。

生産詳細が確定しだいご予約開始致しますので、いましばらくお待ちくださいね。

本日のご紹介はそんなARスノースクートフレームの中でもかなり珍しいロングサイズ仕様 AR Lsize エディション! 生産数も限りなく少ないのでこれはかなり珍しいフレームキットですよ。

ご覧の通り、基本設計は人気のノーマルARフレームと同じで短いフォークレッグによる低重心の安定感。

そしてフォークレッグが短いのに高さを稼いであるトップチューブによるリラックスポジションでも組み上げれるヘッドチューブ、ベンドしていて足元が自由、足にフレームをぶつけることも少ないトップチューブ。

スクートをガッツリ滑る方なら見逃せない仕様。ボードの脱着がしやすいSASシステムも搭載していますよ。

ではどこが限定Lサイズ仕様なのか!?

というとこの矢印の部分、奥が一般的なスクートフレーム、手前がLサイズエディション。 足を載せるデッキ部分からフロントボード取り付けのフォークまでが通常のフレームより2cm長い設計なんですね!

この2cmという長さはわずかに感じる方もいるかと思いますが、スクートに乗り慣れている方なら2cmフレーム全長が長くなるとこんなに変わるの??とびっくりすると思いますよ。

長いフレームの特性としてはまず、ハンドルが切れにくくなる(フロントボードが暴れにくくなる)、カービングターン時にもハンドルが押さえつけられているような感覚でエッジ一本線のカービングが安定する、足元からハンドルバー、フロントボードの距離が広くなるので体格の大きな方でも余裕を持ったポジションで滑れる、、などですね!

逆に小回りが効きにくくなったり、小柄な方ですと少しサイズ感が大きく感じることもありますので、そこはどんな滑りをしたいか?と自分の滑りのスタイルを分析しいてみるのもいいですね。

そしてARフレームシリーズといえばこのフレームに取り付けられた三つのボード取り付けボックス。

フレーム全体の剛性をあげるとともに、様々なスクートボードが取り付け可能、JYKKスノースクートボード 、The day パウダーボードシリーズはもちろん、トリニティスノースクートボード シリーズならかつてないボードのしなりを生み出す取り付けも可能ですよ。

このLサイズ仕様は生産数がかなり少なくプロトタイプレベルの位置付けのため、塗装はあえての無塗装となっています。クリアコートも吹いていないのである意味最軽量??

珍しいスクートフレームですので、ぜひ興味のある方はお店にお問い合わせくださいね。もっと詳細、特徴やボードとの組み合わせなどなんでもご説明いたしますよ。 いろんなパーツを組み合わせてあなただけの!完成車にしてのお届けも出来ます。お見積もりだけでもお気軽にご相談くださいね。

通常サイズのARフレームキットもシーズンまでに新カラーで再入荷予定ですのでそちらも詳細をお楽しみにしていてくださいね。

スノースクート オンラインショップ
フレームキットAR Lsize 限定エディション