いつもありがとうございます 8/26立山ストライダーレースエントリー受付中

スノースクート最先端バー 最軽量ビッグハンドル トラッシュバー8,5

94656059_o3.jpg

シーズン直前!!
北海道、立山と初冠雪、降雪の話題もあり今シーズンが楽しみですね。

本日はスクートの軽量化、高さのあるリラックスポジションにぴったり
トリニティハンドルバーのご案内です。
 

スノースクートの重要パーツの一つ、ハンドルバー

高さ、幅様々なタイプがありますが、滑りに慣れてくるともう少し「高さ」と「軽さ」
が欲しくなりますね!

純正ハンドルバーよりも少し高さが上がればよりリラックスして体全体を使った
ライディングが可能になります。腰の負担も減りますね。

数々のハンドルバーがリリースされていますが、高さのあるハンドルバーは
重量が重いクロモリ鉄で作られていることが多いのでどうしても重量が重くなります。

94656059.jpg

今回ご紹介のスクートブランド最高峰、トリニティより
トラッシュバー8,5

素材に最高級アルミマテリアルを使用して驚きの560g!
8,5インチの高さによりリラックスポジション。
幅を広く取ってあるのでバーの端を握るようにライディングすれば
前傾姿勢でのパワフルなライディングも可能に。

94656059_o2.jpg

通常アルミバーのサイズを大きくすると負荷が強くなることが多いのですが、
高剛性アルミでの耐久テストに100日近くを費やしましたので強度も保証済みです。

少しでもスクートを軽くしたい方、体に負担をかけずに長時間滑りたい方はもちろん
最新のワイドボード等、パワフルな滑りをする方にもワイド幅のトラッシュバー8,5は本当にオススメですよ。

スノースクートオンラインショップ
【最軽量】【アルミ】トリニティ TORINITY
トラッシュバー8,5 TRASH BAR【8,5インチ】

 

本日のローカルニュース

 

14604842_1168135223229350_4736073689894479733_n.jpg

Head change!
スノースクートの旧モデルに採用されている圧入式のヘッドセット。
本日はメンテナンスのご依頼で打ち替え、自転車工具では対応できないヘッドパイプの長さのため、専用カスタム工具で圧入!

スクートボードのチューンナップの他にも、スノースクートの組み立てやオーバーホールも行っていますので、ぜひチューンナップメニューをご覧くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です