いつもありがとうございます シーズンに向けて中古スクート組み上げ中!

最新スノースクートフレーム&ボードテスト! 人工雪動画付きですよ。

天然雪が待ちきれない。。。! 昨日がお店はお休みをいただき、奥美濃ウイングヒルズさんに人工雪ゲレンデめがけて最新スノースクートボードテストに出かけてきましたよ。

まずはthe dayの最新カービングボード  シャーク。

フロントボードの長い有効エッジとリアボードのロッカー形状、最大幅310ミリのボードセットですが長さを感じさせないターンが得意!

滑走動画はこんな感じ! フロントボード、リアボードと異なるフレックス設定でリリースされていますが、スノースクートで使うならソフト〜ミディアム設定あたりが緩斜面で気持ちのいいターンが刻めますよ。

しっかりとフロントボード側に荷重をかけて滑ればフロントボードのしなりを上手く活かした素早いターンの切り替えもできるコンセプト通りのカービングボード 。

シェイプとしてはリアボードのテールが広いですが早い位置から反りが始まっているロッカーテールで圧雪バーンを滑る分には長さを感じさせない優等生、逆にフロント、リアともに午後からの不整地や地形が増えるコンディションではフロントのバタつき、リアのひっかかりも出てくるのでスピードコントロールをしながら硬くしまったバーンを滑るにはとても楽しいボードセット。

今回は低重心フレームARに組み上げましがとても安定感あるターンが楽しめましたよ。

【入荷中2019モデル】スノースクートカービングボードセット
The Day -shark- シャーク

最新カービングボード シャーク、気になっている方はいつでもお問い合わせくださいね。

 

続いては前シーズンより継続リリースのパウダーボードスーパーフィッシュ、写真中央。今年はカラーも濃いネイビーでカッコいいですよ!

こちらがテスト滑走動画。 パウダーしっかり乗り込んでやるとゲレンデでも自由自在。 フレックスも柔らかく、圧雪バーンではフロントボードの大きさも気にならず細かいターンもできますよ。

パウダーを楽しみ、ゲレンデも降りてこれるスーパーフィッシュ。 本数を滑ったりバーンがあれるとフロントボード後ろ側の面積が広いため突き上げや雪面抵抗が増えてくるので力を抜いた滑りを習得すると良さそうですね。

パウダーならおまかせ、スノースクートボード の中でも最大級面積を誇るスーパーフィッシュ、こちらも店頭に試乗ボードもありますので、いつでもお問い合わせくださいね。

【入荷中2019モデル】スノースクート パウダーボードセット
The Day -super fish- スーパーフィッシュ

そしてこちらも最新ボード、トリニティシリーズよりトリニティDCグリーンロッカーベア。 オールラウンドワイドボードとして定評のあるトリニティDCのロッカーボトムシェイプバージョン。

乗りこなせば乗りこなすほど安定してカッチリとした中〜上級者向けハイパワーボードのイメージもあるトリニティDCですが、このグリーンのエディションはとにかく軽快。

ボードの中心部のエッジを中心に接雪、ターンで倒しこむと有効エッジが長く接雪する設計。と、、難しく考えなくても地形や不整地にあわせてボードが動いてくれて、バニーホップや人工雪の山もスイスイこなしていく自由なボードセット 。

フェイキー、テイルウイップ、ジャンプと軽い力でフリースタイルも楽しめます。

今回は入門モデルワンディー に取り付けしましたが、とても楽しいライディングが出来ましたよ。

ちょっとマニアックな仕様で何種類もリリースされているトリニティ。奥が深くマニアも多いですね! トリニティが気になっている方、ぜひお問い合わせくださいね。

【最新スペック入荷中】TORINITY-DC rocker bear
トリニティディーシー ロッカーベア ワイドボードセット

そして最後はトリニティDC 真っ白なカラーが特徴のミクリフラットエディション。 カービングが得意なトリニティDCの中でもごく薄いキャンバー設定にハードなカーボンビーム内蔵でアルペンレーサー顔負けのスピードボードセット 。

大きなターンでもビクともしないスピード設計、ターン中に一気に荷重を抜けばパワフルなショートターンも楽しめますよ。

スピードに強いといっても小回りが得意なわけではないのでレースやスラロームが得意というわけでもないのですが、大きな圧雪バーンや硬い急斜面を誰よりも早くカービングするならとても頼りになるボードセット。 もちろん最初から乗りやすいわけではなく、シーズンを通してじっくりと乗り込むことが大事な印象でしたよ。

スピードを求める方、ぜひいつでもお問い合わせくださいね。

【最新スペック入荷中】TORINITY-DC FLAT mikuri
トリニティディーシー フラットミクリ ワイドボードセット

 

最後はオマケ。テストパーツ&セッティング。

キャリアの長いライダーの中で先シーズンより話題になっているブッシュレス(ゴムブッシュなどをボードとフレームの間に挟まない取り付け)仕様のスノースクートにトリニティDCイエローキャンバーボード。

スクートが生まれた20年以上前には現在のような高性能ブッシュが開発されておらず、フレームとボードはネジでそのまま止められているだけ。。という今思えばとても原始的な??仕様でしたが、ここ数年のフレーム進化、ボード進化によりついにボードをゴムなどを挟まずにそのまま取り付けるセッティングが効果的な場合も出てきました。

というわけで早速テスト! 乗り味も硬くなる?と思いきやブッシュが動かない分、スクートのボードがグイグイしなってくれて予想よりもしなやかな乗り味。

ジャンプの着地からハイスピードのターンまで全てボードの動きのみでこなしていくのでまるでスノーボードやスキーのような緊張感と爽快感があるライディングが楽しめました。 強度面や乗り心地を考えるとまだまだ進化が必要ですが、スクート自体もとても軽くなり、低重心で転びにくくなるブッシュレススノースクート、今後も注目のセッティングですね!

12月も間近。 スノースクートマニアの方も、今年から興味のある方もいつでもトウーレイトスポーツにお声をかけてくださいね。