いつもありがとうございます シーズンに向けて中古スクート組み上げ中!

「アルティメイトグリップ」スクート界に鮮烈なデビュー!

アルティメイトグリップ、、聞いた事ある人、無い人。どちらも注目〜!
ulti_1.jpg
アルティメイトグリップチューンとは簡単にいうとボードのエッジチューンの一種で、エッジに深さ0,3~0,5mm、幅は35mmの段差を連続して削ることにより、強烈なエッジグリップが得られるという、、スキーやボードでは昨年辺りから注目され始めているチューンナップ技術です。
ulti_2.jpg
普段は「刀、ナイフ」のように雪面を切り裂き、グリップしてターンするのがエッジの役割ですが、段差を交互に作ることにより「鋭いノコギリ」が硬いバーンでも雪面をえぐり、強烈なカービングが得られます。特にアルペン競技やハーフパイプなどシビアな噛みを求めるライダー&レーサーには気になるチューンナップなのでは?
TOOLATEではシーズン始めよりアルティメイトに精通するHIDのスタッフさんとテストを行い、データを収集してきました。そして!先日の王座決定戦にてジックジャパン和田選手がアルティメイトチューン済のスクートで4位という好成績。
「明らかに誰でも分かるくらいエッジの噛みが違う。カリカリのバーンも締まった圧雪バーンぐらいの気持ちで滑れます」
とのコメント、、居合わせた選手達も試乗の結果、本気で加工を検討中とか、、。
しかしスキーやボードのアルペンの世界ではあまり使用されておらず、本気でスピードや抵抗を考えるとノーマルのエッジが一番なのかもしれません。ですが、もともとエッジの噛みが甘いこともあるスクートでなら強い味方になってくれるかも。
しかしエッジを削って加工する為、研いだ刃は戻らない、、ノーマルの仕様に戻しづらくなりますし、今後、通常のエッジチューンも難しくなります。しかしそれでも体感したい!という方の為に今回は第一回アルティメイトチューン募集〜!
納期はボードを送って頂いてから1週間ほど、リアボードのみの加工となります。
「気になる!」って方は入れる範囲、深さも滑りにあわせてご相談にのりますので、電話かメールでお問い合わせを、、
気になる価格は6,000円(税別)。スキーやボードの加工も承りますのでぜひご連絡を〜!
スノースクートアルティメイトチューン
6,000円(税別)
※リアボードのみの加工
第一回募集:一月中に受付、発送して頂いたお客様、二月の一週目までにご返却。
まずはお問い合わせを!
076-425-5422
late@toolate.net
TOOLATEまで。