スノースクートバックカントリーの最近のブログ記事

95609183_o3.jpg

スノースクートのオススメ入門完成車といえばジックスノースクートのONE-Dモデル。 ボードの取り外しや交換も簡単なオススメモデル。そしてワンディーに限らずスノースクートはボードを取り替えることで様々な滑りが楽しめるのはご存知の通りですね。

完成車についているオールラウンドなボードも楽しいですが、パウダーやフリースタイルに向いた板などを試してみるのもスクートならではの楽しみですね。

そんな特殊なボード達だからこそ中古などでお買い得なものがあればゲットしたいですね。

まずはパウダー専用P1ボードの中古ですよ、ほとんど新品のソール状態でオススメです

 

95609183_o1.jpg


【極上中古】スノースクート SNOWSCOOT Type-P1【最高浮力】

なんと、滑走回数1、2回ですよっ!

 

IMG_7495.jpg

続いては上級モデルスタイルAにも付属しているロッカーボードA1。軽快な滑りが特徴です! ミディアムフレックスでコントロースしやすくビギナーの方でもパウダーなど楽しめますよ〜
 

IMG_7498.jpg

リアボードのトップシートテール部分に補修跡ありますが、滑走には影響ありません。傷ありでお買い得ですのでロッカーボードに興味があるけど、、という方、ぜひオススメですよ。

【中古】スノースクート SNOWSCOOT Type-A1 Diamond Black 【テール傷】


まだまだ面白い中古ボードなどシーズンに向けてアップしていきますので、すでにスクートを持っている方もお見逃しなく!


本日のローカルニュース

 

10469548_971517569557784_6286855915033809182_o.jpg

年内はラストのBMXプロスクールも無事終了!
不安定な天候でしたがキッズを中心に地元のライダーがたくさん集まってくれました。

次回のプロスクールは春、、講師のデグー先生も今年度のスクール本当にお疲れさまでした、春になったら先生に自慢できるようにキッズや生徒の皆さんもたくさん練習しましょうねっ!

ご参加の皆様、ありがとうございました〜。

 

IMG_512115.jpg

六月に入って、山開き〜 夏山シーズン到来!ということで、毎年恒例の立山へ!

来期に向けてのスノースクートボード「トリニティシリーズ」のサンプルテストを兼ねていってきましたよ〜。 今年は積雪も多かったですが、雪解けのペースも早く、稜線の下は溶けた水が流れての縦溝が凄いという情報から、雄山のピークを目指さずに室堂のベースから国見、天狗、弥陀ヶ原と滑り降りてくるルートを計画してのスタート!

P6025652.jpg

立山ケーブルで一気に標高を上げます! 雪の大谷のピークは終わった物の、国内外の方が沢山観光に向かわれていましたよ

P6025654.jpg

そして室堂のベースよりいよいよ出発! 厳冬期のパウダーシーズンとは違って装備や気分も少しリラックス出来るのがこの時期のバックカントリーのいいところですね。

もちろん、スノーシューやアイゼン、ポールやバックパックなど装備を持ちましたが、途中でアレコレ道具を付けたり外したりと試しながらのハイクアップ。 今回の雪のコンディションとコースではシューもアイゼンも使わず肩にひっかけての山行が結果、快適でしたよ〜

IMG_5128.jpg

晴れ間の中で空には虹のような水平アークが。。! この時期の山も色んな表情を見せてくれて楽しいですね

IMG_5142.jpg

浄土山の方角から国見岳のピーク目指して。。 稜線沿いはさすがに岩が出ていますが、雪も締まっていて登りやすい!

P6025670.jpg

 ときには登りにくいプチ難所ゾーンも。。 スノーシューか?アイゼンか!? 凍っていない急な斜度。こういう時はむしろつぼ足が有効ですね!

P6025681.jpg

斜面の反対側、、眼下にはもの凄い地形の立山カルデラが広がります。 雪の多い時期は滑り降りれるということで、もっと勉強していつかは滑ってみたいな!

P6025721.jpg

そして天狗山に到着〜。 岩に囲まれたこの感じはまさにバックカントリーの醍醐味ですね。バックカントリーというとパウダースノーを目指してという印象も強いですが、パウダーや新雪はゲレンデ周りでも充分に楽しめるので、バックカントリースクートというと、むしろカリカリだったり凸凹だったりします

こういったシチュエーションでも滑りきれるタフなボードと軽量なフレームのスノースクートが理想ですね

立つことも難しい斜度。スクートをピッケルの変わりに使いながら体一つでピークを目指します

P6025771.jpg

3、2、1ドロップイン!

溝有り、カリカリありと、思わず横滑りしたくなるぐらいの斜度ですが、スクートを縦にして狙った通りのラインを刻めば、普段のフリーランでは味わえないアドレナリンが。。。!

今回のメンバー四人が一本づつラインを残していきます! ボトムまで滑り降りたいところですが帰りの時間も考えて次のポイントへ。。

IMG_51630.jpg

途中、這松ゾーンも乗り越えながら天狗平に向けて快適な滑走〜 来期のトリニティシリーズのボードサンプルのフィーリングはハードなシチュエーションになればなるほどエッジグリップが効いてくるボードでした。 この一本のボードでパウダー、アイスバーン、バックカントリーと色んなシチュエーションで力を発揮するので、もの凄く楽しみ!

IMG_5554.JPG

六月でかなり雪が少なく標高を落とすと杉も増えてきます。 ツリーホールも大きく、沢近くでは水の流れる音も大きくなってきます。 地図と事前情報を照らし合わせて慎重に滑り降りていきます。

 

P6026023.jpg

そして、起伏の激しい中を通り抜けて弥陀ヶ原に。。! 一日がかりの山行でしたがやっぱりスノースクートはこの季節でも最高ですね。今回も無事に下山出来ました〜

本日のローカルニュース
 

IMG_5616.JPG

今回も色々と勉強になったスノースクートバックカントリーツアーでした。

スキーやボードと比べてどうしても登山には適していないスクートですが、常に足を固定していなくてもいいのでスクートならではのメリットもあります。出来る範囲で山のことも勉強して次に進んでいきたいと感じました!

来シーズンはどんな山に登ろうかな? 早くも楽しみです!!

 

 

85691440.jpg

いよいよ入荷! なんと限定10セット??という噂もあるスノーバイク用パウダーボード THE DAYよりパウダーマスターが入荷しましたよ

このワイドなノーズにパウダーでの雪の流れを計算したノーズロッカーの形状、リアボードは少し短めでスワローカットが入っており、パウダーでの抜けの良さとビッグターンを意識したまさにパウダーマスター!という意欲作となっております

85691440_o2.jpg

ボードアウトラインのデザインはトウーレイトスポーツとも15年以上に渡って親交が深い井上卓郎氏。トップシートにスペックが記載されているのもその気にさせてくれますね! 夏山から雪山まで映像作家としても活躍している井上氏の最新パウダー滑走の理論が形になっているこのボード。もちろん薄いパウダーからディープパウダーまで対応しながらも新雪の大きなビッグターンが大得意なアウトラインとなっています しかもサイドカーブとキャンバーセッティングも絶妙で圧接バーンも軽快に滑れるオールラウンドボードなんですよ

85691440_o3.jpg

サイドにはバンブーコア! 軽量でしなりが効く素材で柔らかい雪でもボード本来の動きが楽しめます。 そしてボードに明けられた取り付け穴は「全てのスノースクートフレーム」「スノーモト」「フルサスペンションスクート ブラックマウンテン」の全てに対応しますので、お気に入りのスノーバイクでパウダーを堪能出来ますよ〜

クラシックなカラーリングと雰囲気も抜群のボードですね!

85691440_o1.jpg

カラーはブラックトップにレッドソールとレッドトップにブラックソールの2種類。どちらも山でその気にさせてくれる渋いカラーリング。

トウーレイトスポーツでは試乗車もご用意しておりますので、また富山に来られる予定がある方は貸し出し致しますので、ぜひご連絡下さいね

試乗会の現場にも持っていきますのでどうぞ皆さん遊びにきてボードの魅力を感じてください!

次回の試乗会は1/24(土)
場所は富山県立山山麓スキー場でのスノースクート無料体験&ニューモデル試乗会ですよ

県内外からのご参加心よりおまちしております★

スノースクートオンラインショップ
スノースクート パウダーボードセット The Day -powder master- パウダーマスター

 

今年は雪にも恵まれてパウダー日和!

スノースクートで新雪をスキーやスノーボードと同じぐらい?それ以上に?楽しみたいという方、パウダーマスター以外にも色んなパウダーボードがリリースされていますよ

68389102_o2.jpg

元祖パウダーボード。スノースクート、スノーモトに取り付けできるフライングフィッシュ

この表面積! 浮きすぎるぐらいのフロント浮力にショートスワローテールでどんなディープパウダーも沈むことなく楽しめるパウダー専用ボード。面ツルパウダーから複雑な山の地形までサイズの割に取り回しやすい元祖パウダーボード。 圧接バーンは少しコツが要りますが、慣れればどんな硬い斜面でも滑り降りれますのでゲレンデパウダーメインの方にもオススメです

79988315.jpg

そしてスノースクートブランドジックジャパンの今季リリースtype-p1ボード。 こちらも浮力最高のロングなフロントボードにロッカーノーズ、サイドカーブ設計はリバースサイドカーブ。

リアはキッチリノーマルサイドカーブが入っているのでフロントのリバースカーブとのマッチングで圧雪バーンも調子のいいスピードで滑れるのが魅力。 もちろんパウダーでの性能はピカイチ。ズンズン前に進んでいける浮きと突進力で誰でもスノースクートでパウダーを堪能出来ますよ〜 周りのボーダーやスキーヤーもビックリすること間違い無しのインパクトとパウダー性能を持っています

スノースクートは完成車のボードなどを交換するだけで別物のマシンのように動きが変わるのも魅力のウインタースポーツ。 一通りゲレンデを滑って楽しんだら次はパウダーボードをゲットして新雪遊びを楽しみましょう

それぞれのボードの特性やフレームとの相性などなんでもご相談に乗りますのでお気軽にお問い合わせくださいね

本日のローカルニュース

1978873_830927923616750_4909427462248998790_n.jpg

一月半ばの三連休! 雪も毎日降っていましたね

連休中のスクール活動をご報告

まずは初日、茨城からわざわざきて頂いたお客様。スクート歴は長いけどずっと自己流ということで一緒にゲレンデを滑りながら気になるポイントをレッスン

関東方面のゲレンデに比べて新雪、ボコボコ、カリカリ、急斜面と地形が豊富な立山山麓スキー場。どんなシチュエーションでも楽しめるようにアドバイスさせて頂きました

10931378_830927926950083_690367003942471128_n.jpg

いつも一人で滑っていらっしゃったので何人かで滑るだけで気分もUP! スクール後半には奇麗なカービングのコツも飲み込まれて地元で色々試してみます!とさらにスノースクートを好きになって帰られましたよ

10922842_830927956950080_7903671167257493084_n.jpg

午後からはキッズスクートレッスン! みんなマイスクートで上達に意欲的★ スノースクートキッズモデルが今年は人気。親子でスクート、キッズ仲間でスクートと楽しい光景が今後増えていきそうですね

10933832_830927990283410_2078483768524604282_n.jpg

キッズにはスクール校長も自ら手を取り足を取りレッスン、キッズならではの滑りの癖や怖くて萎縮しないように立山スノースクートスクールでは色んなレッスン方法を取り入れていますよ

1498843_831283713581171_3509809679939731053_o.jpg

そして連休最終日はまたまたパウダーヒット。 今年一番ドライな雪で底付きもない絶好のコンディション。そんなナイスなタイミングで富山にスクール受講しに来られた東京のお二人。 スクートが大好きでワイドなボードもつけている中級の方でしたので、パウダーセッション&フリーランスクール開始〜

10931506_831283706914505_6746783294426314669_o.jpg10896302_831283716914504_4429826497486375705_o.jpg

味わったことのない量のパウダースノー。スクール会場の極楽坂エリアを知り尽くしたスクールだから一本ごとにまだまだ残されたパウダーゾーンに移動して二時間ずっとパウダー滑走。

最初はバランスが取れず転倒されたり埋まったり、、という場面もありましたが、普段はパークで滑ることが多いということで、スクール後半には見事なスプレーを上げてアグレッシブな滑りをマスターされていましたよ~

10899956_831758543533688_5014266843282700527_o.jpg

そして、連休明けの本日。小学校を先生公認で休んでの?? 北陸キッズライダー代表マオ兄(七才) 今年のニューミニモデルスクートに乗り換えてからさらに滑りが進化して、いよいよお父さんもスクートでマオ君についていけなくなったということで本日平日にも関わらずスノースクートスクールに投入されちゃいました。

 

10698422_907892282578962_4473552005032749854_n.jpg

 

アイスバーンが大好きなマオ君に、本日はカービングターンの応用からボコボコ斜面や新雪斜面。ゲレンデの当て込みジャンプと七才とは思えないスクール内容を詰め込んでレッスン開始。

マオ君も楽しすぎて大満足!

そしてこのカービングのエッジライン。線一本で鋭いターンをモノにしていますね。
ターンや重心の位置など、キッズだからこそ基本が大事。頑張れマオくん! 今後も楽しみですね〜

毎日色んな方がスクート体験してくださりおかげさまで好評の立山スノースクートスクール

スノースクートを持っている方も一度ぐらいやってみたいな〜という方もレンタルも用意致しますのでぜひお問い合わせお待ちしております★

 

10841834_812742092102000_389909657250063567_o.jpg

いよいよ入荷! ジックスノースクートブランドよりついに登場のP1ボードセット!

見てくださいこのスノースクートの常識を覆すフロントボードの長さ。。

10750038_812742152101994_3907415689120494035_o.jpg

参考までに今年のジックスノースクートブランドのボードを並べてみました

フロントが左から入門モデルにもついているG2,ロッカー形状のA1,そしてP1ボード

リアボードは右からG2、A1、P1となっております
(各ボードの特徴など詳しくはオンラインショップをご覧くださいね)

ゲレンデ滑走で取り回しやすいG2ボード、リアボードが少し長いですがロッカーシェイプで軽いターンが出来るA1ボード、とにかくフロントが長いP1という感じですね

_1210107.jpg

作りもしっかりしていて仕上げもバッチリ! 今回のP1ボードの硬さ設定は「ハード」となっておりますがノーズが長くボードの稼動域が広いので乗り味としてはミディアムぐらいの印象。。パウダーでもグイグイボードが動くので本当に面白いですよ

リアボードもハード設定のおかげかパウダー以外の硬いバーンでもそれなりに快適に曲がったり止まったりできるので単なるパウダーボードと位置付けしてしまうのはもったいない!?

p111.jpg

入荷と同時に楽しみにして注文下さっていたお客さんのスクートワイドフレームGに早速組み替え。 長さもありますが、太さもそれなりにありますのでワイドデッキフレームとも相性良さそうですね!

 

サンプルを使って、先日のパウダースノーを少し滑ってきましたので、ぜひご覧くださいね!

全くノーズが沈まないのでパウダーもますます楽しくなりますよ〜
お問い合わせ、ご注文も心よりおまちしております★

スノースクートオンラインショップ
【パウダーボード】スノースクート SNOWSCOOT 2015モデル Type-P1【ボードセット】


本日のローカルニュース

 

1601107_653544298021781_769914553_n.jpg

 

 

tateyama snowscoot school!

先日、ブログで告知させて頂きました、年明けからのスノースクート体験スクール!
Facebookやメールでもすでにお問い合わせを頂きスノースクートを一回は体験してみたい方が沢山いらっしゃるというだけで凄く嬉しいです!

まだ準備の最終段階ですが、現在決まっている内容は下記になります。ぜひお友達お問い合わせの上、お問い合わせくださいませ!


1/5より立山山麓スキー場にて毎日開催のスノースクートスクール!

現在ホームページ作成中ですよ〜
ぜひ「一度はやってみたい!」という方、スノースクートを手に入れたけどまだ上手く曲がったり止まったりできないという方、Facebookメッセージやお電話、メールでまずはお問い合わせくださいね
※スクール初年度につき団体スクールは一度の講習で5〜7名程度とさせて頂きます

1月5日からスキー場営業終了まで毎日受付

予約制 電話かメールで前日までの受付が必要
開催場所 富山県立山山麓 極楽坂スキー場
開催時間 午前スクール9時~ 午後スクール13時~ それぞれ2時間を予定

「一度はやってみたい!体験コース」
「曲がったり、止まったり自由自在にビギナーコース」
の2コースとなります

レッスン代 1人3,000円(初年度お試し価格)
スクートのレンタル有り(台数に限りがあります) 1台2,000円
リフト券別(割引券がある場合があるので事前にお問合せください)

ウェアやブーツなどウィンタースポーツ用品などのレンタルはお店をご紹介できます。
開催時間など細かな変更などある場合がございますので、今後立ち上げられるホームページでご確認いただければ幸いです。

体験スクールお問い合わせ お申し込み
トウーレイトスポーツ
076-425-5422
info@toolatesports.com

 

PC080979.jpg

いよいよ入荷! スノースクートワイドボードの最高峰。 国産オガサカファクトリーによるTORINITYシリーズより今季のニューカラーのTORINITY-ITが入荷しましたよ!!

PC080984.jpg

右がスペースネイビー、左がフォレストグリーン。どちらも中身は一緒ですが、ボードの取り付け穴が基本的な3ポジションに加えてそれぞれ違った箇所にボーナス穴が開いています。

PC080985.jpg

どちらも遠目にはほとんどブラックカラーのボードなのですが、並べてみると確かに色味が違います。このトップシートのクオリティだけでもウットリ。。!

PC080986.jpg

サイドの仕上げも素晴らしいです。 エッジ、ソールともに工場出荷時でほぼ完璧な状態ですので、あとはお好みで先端エッジをダリングしたりワクシングを重ねていけば自分仕様のボードに仕上がりますね!

PC081008.jpg

 フロントとリアの継ぎ目もスムーズ、有効エッジを増やしパウダー滑走の雪の抵抗を減らすカロッツエリア的デザイン

PC081003.jpg

太陽光の角度により総パール柄が浮き出てキラリと光る演出がニクいです!!

PC081002.jpg

パウダーに必要な浮力、フリースタイルに必要な安定感を持ちながらガチガチのアイスバーンが大好物という、インターナショナル仕様のハイスピードワイドボードがトリニティIT!!

スペースブルー、フォレストグリーンともにしっかり検品してご注文のお客様にご連絡していきますのでお待ち下さいね! 国産クオリティ味わってみたい方はぜひお問い合わせお待ちしております★

ノーマルフレックスで自由自在なターンと取り回しが得意なノーマルトリニティホワイトは入荷済み、新色ゴールドは来週入荷予定です! こちらも楽しみですね

 

 

{入荷中}スノースクート ワイドボードセット
TORINITY-IT トリニティIT-space blue スペースブルー

{入荷中}スノースクート ワイドボードセット
TORINITY-IT トリニティIT-forest green グリーン

 

トリニティオフィシャルサイトはコチラ

 

本日のローカルニュース

 

1658367_810396802336529_7940052799892392735_o.jpg

 

 

10620053_810396775669865_7317674062682521597_o.jpg

 

 

10818406_810396805669862_4634656128225144891_o.jpg

 

Natural snow first attack!!

最強寒波もひと段落して落ち着いてきたので今シーズン初の天然雪を攻めに男性スタッフ全員で山へ。
今シーズン新発売のJykk JapanのP1ボード&SASフレームを実際にテスト!

パウダーに加えて圧接バーンも滑りやすいジックスノースクートの最新ボードP1

いくつかの入門モデルから上位モデルまで今季より採用されるボード簡単脱着システムSAS

P1ボードのパウダー性能はフロントロングノーズのおかげで全く雪面に沈むことは無くコントラーブルなサーフィンライドができる面白い1本、そして大きなP1ボードとの組み合わせが最高のSAS(スマートアタッチメントシステム)でハイクアップでもスクートをコンパクトにして運ぶことが可能。

 

 


これは思っていた以上に便利。パウダーボードに簡易脱着システムの組み合わせオススメですよ〜


ここ数年でのボード、フレームの進化でますます乗りやすくなったスノースクート、年々楽しくなってきて最高!!

今シーズンも楽しみですね

 

abus.jpg

さて、富山で人気のロングサイクリングイベントといえば、週末に行われたグランフォンド富山、お店からも有岡店長がお客さんと180キロ走破してきたようですよ! 峠だらけの180キロは凄いですね〜

お店でもサイクル用品を探される方、益々増えてきておりますよ〜 皆さんの生活に自転車が浸透してきていますね

本日は大事な自転車の盗難管理に最適、アブスのブレード式ロック! スチール製やアルミ製の板が連結されている人気のブレードタイプのロックの中でもコンパクトで使いやすいですよ

img71943566.jpg

フレームに取り付けるアダプター付きでスッキリ、ブレードのジョイント部も軽量で強く、なんとこのサイズにしてセキュリティレベル7を実現!

img71943567.jpg

色んなタイプのカギがありますが、ワイヤーロックのようにぐるっと囲めて、U字ロックのような携帯製もあるブレードロック、ぜひ愛車を守るために!

その他色んなタイプのカギを取り揃えておりますのでどうぞチェックしてみてくださいね

参考までに大事な自転車の価格の10%ほどの値段のカギを揃えるのが安全の目安だそうですよ〜

最新折りたたみ式コンパクトサイクルロック!
フレームに取り付け可能な専用ホルダー付き!ABUS アブス
ブレード ロック U GRIP BORDO 5700【ピスト】【自転車】【ロード】【鍵】【コンパクト】

9,288円  税込、送料別


本日のローカルニュース

いよいよ六月〜! 六月の風は、、夏のように暑いですね それでも湿気が少ないからまだまだ自転車乗りやすいですね

先週にはお店も一日お休みを頂き、立山にスノースクートに出かけてきましたよ〜

この時期は必要なものだけしっかり持っての軽装備で登れるのでゆる〜く広大な景色を楽しんできましたよ☆ この時期、国内で滑れるところも限られてきますが、あと何回か滑れたらいいな!

P1160765.jpg

遅くなりましたが先日の立山スノースクートバックカントリーの様子をレポート!
 

P1160710.jpg

立山山麓スキー場より10分! お店からも一時間かからない場所にある立山駅が立山への扉!

ケーブルカーからバスに乗り継ぎ、、

P1160715.jpg

オナジミ、雪の大谷!五月の下旬ですがまだバス二台ほどの高さの雪の壁〜 観光で海外の旅行者の方も多いです

P5221888.jpg

一通りの準備と安全を確認して、いよいよ出発、ベースの標高ですでに3,000メートル近いので色んな感覚が麻痺します

IMG_0455.jpg

スノーシューとストックを上手く使ってトラバース。岩場を目指して!

 

P5221909.jpg

メカニック田中のシュート

IMG_05464.jpg

巨大な地形を見つけてバンクセッション

P1160761.jpg

osumi

IMG_0475.jpg

稜線の雪が溶けているこの時期、3000メートルの雄山まで登頂開始! ほとんど登山です

P1160830.jpg

登頂! 頂上に登ってはじめて見える裏側の景色。 黒部湖に続く斜面が見えます

P1160841.jpg

ローソク岩を目指して、山崎カールゾーン

P1160883.jpg

岩間をぬって滑走、店長の有岡

P1160916.jpg

二日目の朝。見事に晴れました。滑るラインは選び放題!? 

P1160930.jpg

朝一の斜面はカチカチ!? 滑るより登る方が怖いです。 アイゼン替わりのスノーシューで慎重に登っていきます

P5232016.jpg

そしてたどりついた最大の難所。雪質は安定していますが、落石、割れと盛りだくさんの垂直に見える斜面。雪解け水が流れるミゾが深くて入念な下見。 実際、斜面は上からはほとんど見えないのですが、、

P1160965.jpg

ドロップイン! -osumi

P5232055.jpg

-tanaka

IMG_0587.jpg

斜面にたどり着き、思ったラインを滑ってボトムまで滑り降りたときの達成感は、、ハンパ無し! 「いえーー!」大きな山に歓喜の雄叫びが!

P1170068.jpg

今回のツアーは来期の国産ボード トリニティITの設計、テストがメインでした。
トリニティはタイトなエッジコンタクト能力を持つカービング設計なので、ターン角が決まればほぼ100%カービング滑走が狙えるスーパーボードですが、その際に板をずらしたりしてスピードコントロールを行うと大きなバーンやハイスピードコースでは雪面の凹凸を拾うので吹っ飛ぶ可能性もあり、そうならない為には最後までカービングで円弧をコントロールする必要なあります

特に立山レベルの大きなバーンでは全開に倒しこんでも大きなターン弧になる設定が必須で、IT(インターナショナル)ボードは狙った通りの大きなラインを雪面に描くことが出来ました

このテストを元に、さらに使いやすく速いボードに仕上げていきますので、来期のトリニティもお楽しみに!!

P5232066.jpg

最後は室堂ターミナル周辺でジャンプセッション!?

P1170108.jpg

バンクに横から侵入して当て込みつつ、直角にターンする有岡!

IMG_0553.jpg

そして二日間に渡るショートトリップ終了。

また来年も滑れたらいいな。あのコースいきたいな! と思いながらも帰りは最大級の疲労と満足感を感じて下山となりました〜

スノースクートに関わって15年以上! ジャンプして、レースで楽しんで、パウダー食って、パークでスタイル出してと遊びの幅が広がってきました。

まだまだ身近とはいえないスクート担いでのバックカントリーですが、雪山の知識や経験、チーム要素、アドベンチャー要素に加えて、ジャンプ、スピード、スタイルの実力が複合的に要求されるのがバックカントリー。 トウーレイトスポーツではこういった遊び方も追求していきたいな!と思っています

Facebookでも全ての写真掲載してあります、誰でもご覧になれますので、皆様のイイね!をよろしくお願い致します

本日のローカルニュース

IMG_0371.jpg

来期のスクートボードのラインナップが期待できます! ジックスノースクートからは2種類の新ボードがリリース決定! 全体的に太くなり、パウダーで沈まないのが当たり前になっていきそうです

写真はトリニティITのプロトタイプ。 強力なターン弧とテールのコントロールを持つ最強ボード!? 結構硬いので外国向け!? さらには意味深な沢山のインサート穴も気になりますね。 来期のトリニティは続投のホワイトのトリニティと限定ブラックトリニティITの2ラインナップになりますので、情報公開していきますね。どうぞ夏の間もこのブログ、お見逃し無く!

431867_545121818864030_161704530_n.jpg

お店を休んでの立山バックカントリーツアーから戻ってきました!

写真レポートはまた後日、とりあえずご報告と速報です

481589_581356978565829_34991827_n.jpg

osumi

942420_581356528565874_1468002446_n.jpg

 

arioka

 

575922_581357571899103_591468411_n.jpg

 

960079_581357628565764_893708060_n.jpg

tanaka

今回の写真、レポート満載です!次回のブログをお楽しみに〜!


本日のローカルニュース

481747_545959655446913_458240855_n.jpg

今回メインで使用したのが、来期のトリニティボードプロトタイプ。

コードネームはトリニティITモデル。 2014シーズンに向けて今季のトリニティと同じ仕様のものとこのITバージョンが二種類リリースされる予定です

ITは一言でいうとタフなボード。タフさと豊富な取り付けピッチでビッグバーンでも助けられました。

こちらのレポートもお楽しみに〜

IMG_4445.jpg


5/23、24とスノースクート撮影、来期テストを兼ねて立山にいってきますので、誠に勝手ながら店舗の方は休業とさせて頂きます

通信販売、発送、お問い合わせに関しましても対応が25日からとなる場合がございますのでご了承下さいませ

スノースクートで立山にアタックし始めてから数年経ちますが、今回も面白いレポート出来ればと思っております。 リアルタイムなレポートはFacebookでチェックよろしくお願いします


本日のローカルニュース

kunyakunya.jpg

さっそく、お店でも取り扱いのポケットに入る立体地図、「クニャマップ」でアレコレ想像中! 天候に恵まれたらいいな、いってきまーす!

IMG_5775.jpg

コロラドスノースクートトリップレポート最終章!

帰国までの数日、ロードサイドをひたすら登ると、この景色。

IMG_5763.jpg

身近にアクセスできるポイントでも、標高が高いので緊張感あります。

IMG_0298.jpg

狙うはこのバーン。下からよく地形を覚えて。。

IMG_0311.jpg

さて、どのラインがスクートで滑ったものでしょう!? 時間をかけて登って、一度のチャンスに集中して、狙い通りにターンが決まると気持ちいいですね〜 違う国の斜面にトラックを残すというのはワクワクします

IMG_5776.jpg

少し選択を間違えると鋭い石が見え隠れするシュートに迷いこんでしまいます。上からみると垂直!?コロラドで完全に斜度感覚は麻痺しました。

IMG_57177.jpg

なんとか降りてきましたが、実はこんなバーンでした。。ひょえー!

IMG_5781.jpg

というわけで、二週間に渡るコロラドトリップでした。

今回は一人旅ということで色々失敗もしましたが、スキー場さんとの滑走交渉やスキーバイククルーとの出会いなど大変楽しい旅でした。

スノースクートや自転車というキーワードがあるだけでどこにいっても繋がりが出来たり、セッションできることは本当に幸せな体験でした

今回、旅をサポートして下さった皆様、留守中に変わらずお店を切り盛りしてくれたスタッフにも大変感謝です。

この体験を活かして今年もさらなる「高揚感の提案」を出来るように頑張っていきますので、どうぞよろしくお願い致します

トウーレイトスポーツ代表:大住 洋一

Facebookにも詳しいレポートなど載せていますので、どうぞお気軽にフレンド申請お待ちしております★


本日のローカルニュース

IMG_0331.jpg

今回は慣れない車旅で通算1,500キロほど走りました。夜のハイウエイは最後まで怖かったです。そんなときお守りになってくれるのがコロラドインディアンのハンドメイド民芸?? パワーストーンや鹿の角などを使って作られるのがこのフェティッシュ。いくつか買い付けてきましたのでぜひ見に来てくださいね。

IMG_5661.jpg

コロラド州はクリステッドビュートをあとに、デンバーまでまた数百キロ。

ナーブス展示会で遭遇したスノーストライダーのようにタイヤに取り付けるだけで様々な自転車で雪を楽しめる、スキーボブ?バイクボード?の開発クルーに誘われて峠のロードサイドでバックカントリー!?

IMG_5673.jpg

これがスキーボブクルーと待ち合わせのバーサード峠。まるでスキー場のようですが、リフトは無く、全て自己責任でフリーに滑っていいんです

 

IMG_5675.jpg

 

そんななか、発見!再会! 開発者のデビッド兄弟(双子)、女性スタッフトレイシーさん、そしてケントエリクセンバイシクルスタッフであり、スキーボブライダーのブライアンなどが向かえてくれました

IMG_5678.jpg

これがスキーボブ?バイクボード?? まさにスノーバイシクル、スノーバイクという感じですね

最近流行のファットタイヤ自転車にももちろん装着。今回はサーリーパグスレーとエリクセンのシングル29”にも装着。 サイズを替えられるのでBMXからファットバイクまで簡単に取り付け可能なんですよ

IMG_5708.jpg

近くの沢を使って撮影!? ついてこい!ということでバイクボード装着二台にスノースクートのセッション!?

IMG_5704.jpg

タイトなトレイルや沢をスリリングに滑って?走っていくバイクボード! フロントとリアに取り付ければスノースクート気分!? フロントだけつければ「浮き」もまして、リアタイヤで登ってそのままダウンヒル!

雪の上でもファットタイヤ以上に沈まず、自転車のサスやポジションを活かしながら雪上を走り回れます。

ここまできたらもうアドベンチャーですね

IMG_5740.jpg

帰りはピックアップトラックに積んで、また次のセッションに。。

アメリカンな自転車の楽しみ方!
ナーブス展示会でも耳にしましたが、今年のトレンドは「アドベンチャー」 山登りやバックカントリー、サイクルツーリングなど身近な冒険を確かにライフスタイルに入れている方、増えていますね。

そこに登場のこの自転車スキーキット、スノーボブ。 BMXでもMTBでも冬期閉鎖された林道を走り、滑って下る。 う〜ン、、これは確かにいいです!!

来期の発売に向けてさらなるテスト中というこで、ぜひトウーレイトスポーツでは日本でもこのアイテム、ご紹介したいなっと思っております

お楽しみに! 気になる方はいつでもお問いあわせくださいねっ


本日のローカルニュース

 

New Project 51 from David Bach on Vimeo.

そして、なんと今回撮影した模様が編集されてプロモーションビデオに!? なぜかスノースクートも登場しています。

ハンドルと板。まさにアドベンチャーですね★ コロラド日記は次回でラストです! 日本はもう春が始まりましたね。残りのシーズンも楽しみです!

P2091396.jpg

先日の三連休、三日間に渡り富山県にて開催しましたスノースクートフリーライドキャンプ、全国からご参加頂いた皆様ありがとうございました!

雪にも恵まれ、毎日色んな発見や感動を体験できた最高のイベントになりました〜

P2091167.jpg

day 1

参加者も多かった初日! いい雪を求めて小さなローカルスキー場へ、、、 東京や長野、石川からもご参加頂きました

P2091257.jpg

昼を過ぎてもまだまだ残っている新雪★

P2101433.jpg

兵庫からもご参加があった day2!

P2101442.jpg

スクート担いで雪山散策、登った分だけ滑ってスーパーピース!

563158_531926453508882_2108681642_n.jpg

最終日、まさかの大雪! 我を忘れて全力滑走。写真全然撮っていませんでした

三日間、午前と午後でスキー場を変えたり、途中ハウツーなど交えながら行われたミーティングでした。今回ご参加された皆様、お疲れさまでした。

また次回も行いたいと企画中。。その際には今回を逃した方も、ぜひ富山にお越し下さいませ〜

本日のローカルニュース

P2101482.jpg

今回も大活躍のスノーシュー、一つあると行動範囲が広がりますね。またスクートに向いたスノーシューや山用品、お探しの方、ぜひお問い合わせ下さいませ〜

2013torinitycamp.jpg

ご要望が多いスノースクートのフリーライドキャンプを開催!

来週の三連休、毎日開催致しますので「スノースクートで斜面を自由に滑り降りたい!」「パウダースノーの滑りが上達したい!」 といった方はぜひご参加下さいませ

毎日定員を少人数に絞って一日を通して滑りがみるみる上達して、参加者の皆さんの繋がりが深くなるようなセッションになればと思っておりますっ

もちろん三日通しでのご参加も大歓迎。きっと忘れられない週末になりますよ〜

滑走場所は前日のコンディションをみて毎日、その日の富山県内のグッドスポットをチョイス。
雪に恵まれればちょっとしたバックカントリー気分を味わえる場所も滑れるかも?

スノースクートをお持ちでゲレンデを上から下まで滑れる方であれば誰でもご参加可能となっております。パウダーボードやワイドボードを使って組み上げた最先端スノースクートの試乗も出来ますので、どうぞお気軽にご参加、お問い合わせ下さいませ

フリーライドキャンプお問い合わせ、お申し込み
メールでのお申し込みの際には件名を「フリーライドキャンプ」として頂き、ご希望参加日、ご住所、連絡先を明記を願い致します。追って集合場所などお知らせ致します

お申し込み、お問い合わせ
トウーレイトスポーツ
076−425−5422
osumiアットマークtoolatesports.com

※アットマークを@に変えてご送信お願い致します

本日のローカルニュース

IMG_3453.jpg

イベント満載のシーズンですね! 明日2/2は富山県牛岳温泉スキー場さんにてスノーフェスタ開催★

トウーレイトスポーツも例年の通り、スクート無料体験に加えてスノーストライダーの試乗会、ミーティングも行われますよ〜

ぜひ、お友達、ご家族でいらしてくださいませ。キッズモデルからニューモデルまでご用意してお待ちしておりますっ

64241_493819533994259_1043462068_n.jpg

さて、一月も後半にさしかかりパウダーシーズンまっただ中。 パウダーといえばスクート唯一のパウダー特化ボード「フライングフィッシュ」

すでにお手持ちのスクートに装着してパウダー三昧な皆様も多いのではないでしょうか?

パウダーに特化した形状とフレックスの為、スクートを複数持っている方ならぜひ一台に取り付けてみてほしいです

少し気をつけなければいけいないのは、このボードはスノースクートでのパウダーライディングの為に設計されたボードなので、エッジが雪面にコンタクトする場所が通常のスクートボードとは少し違いますので、圧接バーンや硬い斜面を気は使って滑ってやる必要があります。今日はあいにくのカリカリバーンでしたが、フライングフィッシュでアイスバーンや迂回路を滑るのもテクニカルで楽しかったですよ〜

きっちりとボードの真ん中に体重をかけてやればゆるくてシャープなカービングも可能でしたよ

人気爆発したこのボード、トウーレイトでは少しだけストックしてありますので、気になっている方はぜひお問い合わせ下さいませ

50934775_o2.jpg

この迫力、スノースクート全モデル、およびスノーモトに取り付け可能です★
めざせTHE DAY!!

スノースクートオンラインショップ
【入荷済】スノースクート パウダーボードセット The Day -flying fish- フライングフィッシュ

121,800円


本日のローカルニュース

208346_494292700613609_1751188974_n.jpg

イベントも終わって落ち着いた立山山麓スキー場、本日より雷鳥バレーのキッズエリアに導入されましたスノーストライダー達。 ムービングベルト(一日700円)で練習し放題! キッズエリア入場の皆さんならどなたでも無料で乗れますのでどうぞスノーストライダーに興味のあるファミリーの皆様、立山山麓雷鳥バレーエリアに遊びにいってみてくださいね!

 

各種自転車修理 販売

カテゴリ

最近のブログ記事