いつもありがとうございます シーズンに向けて中古スクート組み上げ中!

スノースクート最新2019モデル JYKK SNOWSCOOT 70park ナナマルパークモデル ! フリースタイルパークにも、クイックな次世代ジオメトリー

オンラインショップも毎日更新。スノースクートニューモデル予約開始していますよ!

このブログでモデルの特徴を紹介したニューモデルよりオンラインショップにもアップデートしていきますね。

本日のご紹介ニューモデルはJYKK SNOWSCOOT 70park ナナマルパークモデル。

人気のナナマルモデルが70parkとして今年もリリース!

軽量フレームでBMXテイストのツインチップボードがついた自転車感覚で遊べるマシン。 大きな特徴はヘッドアングル(フォーク角度)が70°と通常のモデルより立っていることですね!

これによりハンドリングが軽くなり、またスクートと体の間、懐が広く取れるので余裕のあるポジションでの滑走が可能になりますよ。

70パークとネーミングされていますが、パークライド以外でももちろんオールラウンドで高性能、ヘッドアングルの立ち具合で一般的にはトリックも決めやすくなる印象ですが、ハンドルをあまり切らなくてもコントロール性にすぐれ、スノースクートと乗り手の重量バランスもよくなるので安定感も増しますよ。 外国人ライダーが多く使用するナナマルアングルのフレーム設計は今後の主流になる可能性も秘めていますね!

標準装備のX1ボードはカッチリしていますがミディアムフレックスでしなりも十分。

パウダーなどの浮力は大きくありませんが、アイスバーンやパークライド。そしてクロスレースコースなどでの操作感は抜群で、ウインタースポーツの経験があまりない方でもハンドルスポーツが好きならすぐに乗りこなせるボードセット 。

こちらはマットゴールドのサンプル写真。トップチューブのグラデーションがなんともカッコいいですね!

こちらはマットブラック。 ブラックとシルバーのつや消しグラデーションモデル。

最新ナナマルならボード脱着が簡単なSASシステムとボードとフレームを取り付ける非貫通ブッシュ使用でメンテナンスも簡単。ほぼメンテナンスフリーでシーズンを楽しめます。

ハンドルやステムなどの重要パーツもBMXクオリティのしっかりしたパーツが採用されていますよ。ナナマルモデル、入荷は11月にかけてを予定しています。

11月のなれば各地の人工雪ゲレンデもオープンですね!!シーズン最初からマイスクートで楽しめますよ〜!

全国プロ組み立て済み発送、チューンナップやキャリングケースを使ってのお届けもできますので、スクートデビューしてみたい方、旧モデルとの違いが気になる方もいつでもお問い合わせくださいね。

スノースクートニューモデルお問い合わせ
930−0056 富山県富山市南田町1−3−10 年中無休11:00~20:00
トウーレイトスポーツ
076−425−5422
お問い合わせフォーム