いつもありがとうございます シーズンに向けて中古スクート組み上げ中!

★ハンドル祭!

→お待たせしました〜〜〜。とうとうスクートハンドルもクロモリバデッドパイプでで600g台の時代へ、憧れの8kg台スクート目差してまずはハンドルを見直してみるのはいかが!?最新のフライバイクスよりオススメハンドル集めてみました。
handle_mtop.jpg
↓gogo


↑まずは、今期一番のオススメ。スペインのBMXブランドフライバイクスのパンテラバーです。スタイリッシュな若手筆頭のセルジオのシグネイチャーバーで、まさに最新のスクートライディングにベストな形状となっております。不思議なもので、その時代、その時代のBMX最先端ハンドルがスクートにとっても最先端の形状、スペックなんですよね。パイプの内系を9ヶ所も変えてある(溶接や曲げの部分のみ厚く、その他は薄く)バデッドパイプ使用でスクート純正のクロモリ2ピースバーなどより約300グラムほど軽量化されています、形状は以前好評を博したトラッシュバーなどを少しだけ広くした感じです。極めてベーシックな形状ながらとにかく軽くて精度も良い。カラーも微妙にハズしててカッコいいです
パンテラ9Dバー
カラー:ダーティグリーン, つや消しブラック, パールレッド, パールブラック, ブラウン、パープル
税込価格 ¥10.500
9 butted cromoly heat treated
Upsweep: 4° Backsweep: 11° Height: 185mm. Width: 605mm.
Weight: 640 g
handle_m2.jpg
handle_m3.jpg
↑と、、思ったらそのパンテラバーに最新バージョンが。その名もパンテラ2バー。パンテラバーと同じ作りながら、なんとセンターパイプがベンドしています。その辺のブランドがやっちゃうと、、だせ〜〜!と思ってしまいそうですが、セルジオが考えてフライバイクスが形にしたということで、一気に「渋いわ〜」になっちゃうところがサスガ。しいていえば足をハンドルから出すような、オールドなトリックがやりやすいような!?違いのわかるアナタにオススメ。
★パンテラ2 9Dバー
カラー:グリーン, レッド,ブラック
税込価格 ¥10.500
9 butted cromoly heat treated
Upsweep: 4° Backsweep: 11° Height: 185mm. Width: 605mm.
Weight: 660 g
handle_m6.jpg

続いて、、同じくフライバイクからモスカバー(左の水色とブルーの二本)のと3アミーゴバーです。モスカバーは標準的なパンテラバーをそのまま一回り小さくした感じ。これは女性や小柄な方にもいいですね!形はベーシックでバデッドパイプ使用でとにかく軽い。バースピンなどのトリックやトリッキーでフリースタイルに遊びたい人にも!
そして3アミーゴバー(イエロー、つや消しカーキ、ブラウン、ベージュ)はほとんどパンテラバーと同じスペックでーす。実はパンテラバーとはベンド(手前への曲げ)が1°だけ違います好みとカラーでどうぞ!
★モスカ9Dバー:スペインのバートライダー・Eduardo Terrerosが考案。身長160cm程の彼だからこそ、生まれたパーツ達。様々な商品群の中なら、彼がテストし行き着いたサイズがこのシリーズに生かされている。
カラー:ライトブルー、ブルー
税込価格 ¥10.500
9 butted cromoly heat treated
Upsweep: 4° Backsweep: 10° Heigth: 175mm. Width: 580mm.
Weight: 602 g
★3アミーゴ9Dバー
カラー: ベージュ, マットグリーン, ブラウン,イエロー
本体価格 ¥10.000
税込価格 ¥10.500
9 butted cromoly heat treated
Upsweep: 4° Backsweep: 12° Heigth: 185mm. Width: 605mm.
Weight: 640 g
handle_m1.jpg
モスカバーブルーと3アミーゴバーベージュのサイズ比較。どちらも両端をカットしてやらなくてもそのまま使えるサイズです,一般的にスクートの完成車についているハンドルはそのままだと幅が広過ぎることが多く、ターンのときのビジュアルもカッコ悪いし、バニーホップなども脇が開いてしまうのであんまり調子よくありません。広過ぎるハンドルはサンダーやパイプカッターなどで両端を2cmほどづつカットしてやるか、今回の紹介のハンドルのような適度な幅のものを使いましょう!
★という感じです。スクートのハンドルって例えば自転車のものだけでも、、色んなものが試せますよね。しかしTOOLATEではBMXハンドルにこだわり続けています。なぜか?それはスノースクートがBMXから生まれたという事実からです,滑れば滑るほど、、スクートとBMXの共通点にびっくりすることも多く。付ければそれだけで軽いアルミハンドル、スピード重視??のアップハンドル、それらもいいですが、一度は最先端BMXハンドルでカッコつけましょう、ハンドルがカッコ悪いのが一番カッコ悪いです!!
お問い合わせやスクートハンドル関してのご質問などは。
★お問い合わせ★
富山県富山市南田町1-3-10
地図はこちら★
TOOLATE
076-425-5422
メール