いつもありがとうございます シーズンに向けて中古スクート組み上げ中!

トリニティ スノースクートボード2015モデル TORINITY SNOWSCOOT 2015

torinity_top_4_1260-1.jpg

全国のスクートファンの皆様、お待たせいたしました!

国産スクートボードの最高峰、「トリニティ」シリーズのご注文受付を開始いたしましたよ!今季のトリニティは2機種、2カラーで合計4色のバリエーションとなっておりますっ

TORINITY SNOWSCOOT PRODUCTS WEB SITE -トリニティオフィシャルサイト

↑ついに、世界表標準!?トリニティのサイトも発表されました〜

このサイトを元に今季のトリニティを分析!ぜひ皆さんも参考にしてくださいね
 

torinity_white_black1-1.jpg

まずはホワイトのトリニティ!

オリジナルトリニティともいえる仕様で、国産クオリティのすばらしい作り、トップシートの仕上げも完璧です。薄いパールフレークが高級感を醸し出しております。トリニティシリーズは雪や光の条件でキラっと輝き別の表情を魅せるのでなんとも気分も高揚してきますよ

トリニティシリーズに共通する特徴は、

今までのボードより二回り太いフロントによりパウダーでフロントから沈まない=通常の姿勢で滑れるのでパウダーでも減速、ノーズダイブしない、コントロールが容易

リアボードが一回り太く、長いため、全ての動作で安定する=アイスバーンや急斜面でのリアボードのエッジの逃げが極端に減る カービングしすぎて抜けれなくなるぐらい鋭いターンが出来ます

テールの弾き、フレックスを煮詰めて調整してあるので=思った通りのバニーホップ(オーリー)がコントロールできる

パウダー、カービング、フリースタイルの三位一体、まさに「トリニティ」ということなんですね!

特にホワイトトリニティは上記の特性がバランス良く調整されていて、スクート歴の浅い方は安定感を、ベテランの方は驚きのコントロール性能を体感できますよ 全体的な固さは内部がとても複雑にコア材を組み合わせてあるので一概には表現できないのですがあえて例えるなら「ミディアム」と表現できますね! 乗り馴れるとそこまで固さを感じないので思った通り、狙った通りに滑れて女性でも驚きの滑りが出来ますよ〜

取り付け穴はほぼ全てのスクートフレームに取り付けできる3ポジション。

{入荷中}スノースクート ワイドボードセット TORINITY-white トリニティホワイト

 先シーズンからの続投モデルということですでに入荷が始まっています。今季のホワイトは生産数がかなり少ないので狙っている方はお早めに、、!

 

torinity_gold_light_blue2-1.jpg

 続いては今季デビューの鈍いゴールドに輝くトリニティ シャインゴールド。特性や内部はホワイトと同じ設定ですので、ホワイトか?ゴールドか?フレームとの組み合わせでコーディネイトできますねっ

そしてゴールドは通常の取り付け穴に加えてボーナスインサートホールということで少し多めの取り付け穴が空いています。 通常のスクートフレームであればまず使うことはないボーナスインサートホールですが、今後のフレームの進化によっては活躍することがあるかもしれませんね!

現在オガサカの職人さんが魂を込めて一本づつ製作中、ほぼハンドメイドのような手間の掛け方で完成させてから寝かせてコア材が馴染むまで熟成?させるんですよ〜 仕上がりは12月予定、現在ご予約受付中! 早く実物がみたいですね〜

{予約受付}スノースクート ワイドボードセット TORINITY-gold トリニティゴール

 

そして残すはディープスペースブルーとダークグリーンに輝く、トリニティITシリーズ!

こちらはまた次回ご紹介いたしますね星

スノースクートオンラインショップでは全てのモデルのご注文を受付開始いたしましたのでぜひチェックしてみてくださいっ

一度乗ったらもう昨日の自分には戻れない。。!?  国産トリニティシリーズ、今季も注目です!

本日のローカルニュース

 

10414647_782835005092709_1103168071097449811_n.jpg

冬にむけて、来週末25、26日に店頭で行われるスクートフェアに向けてスノースクート以外のアイテムも入荷が始まっております

例えばこのスミス×ポーラーのコラボゴーグル、アーリーモデルなのでケースやサービスグッズがついてお買い得でしかも限定!! 流行の紺色ベースなのが効いてますね。 スキーヤーやボーダーの皆さんにも楽しんでもらえるようなこだわったウインターギアがどんどん入荷してきますのでぜひご来店くださいね★ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です