いつもありがとうございます シーズンに向けて中古スクート組み上げ中!

ひきこもりジャム終了!

HI360100.JPG
1/27に行われました引き篭もりジャム!!
8:30から滑り続けたライダー、途中参加のライダー。遠くからわざわざ駆けつけてくれたライダーの皆さん、惜しくもナイター直前に帰宅せざるを得なかったライダー、、ローカルライダー、ゲストライダーの皆さん!本当にお疲れ様でした★
一日の始まりは朝5:00に富山駅まで林モヒ、浦本mo9、田中博士が青森からゲスト参加の我満隆選手をピックアップ!それからナイター終了の21:00まで、、長くて楽しくて!最高な一日を過ごす事が出来ました。朝は雨交じり、パウダーなんて、、無い!!パークも無い!ガリガリ、シャバシャバ、コブコブ、、の最悪のコンディションの中、なんだかんだで30人を超えるライダーが入れ替わり立ち替わり。
あんなに悲惨なコンディションの立山山麓は久しぶりで、当初はどうなることかと思いましたが、スクートミーティングや滑走会では無く、あくまで滑りを楽しみ、お互いをプッシュする「ジャムセッション」 急斜面、ポコジャン、迂回路まで皆で楽しめて、ビギナーの方も凄いスピードで上達いくのが目に見えて判りました。
夜は、、「なんでいまさら降るの?」と誰もが思った、うざいぐらいにしんしんと降り積もる中でのナイター。まだ20人近くのスクートフリークが滑り倒しています!!初めは皆、スイッチ(フェイキー)の練習をしていたりしていましたが、過熱して加速するナイターセッション。滑走スピードがどんどん上がり、ゲレ脇の新しい壁ラインやローカルの田中、ゲストの和田選手などが発見した動いていないリフト降り場への当て込み。それが、、ナイター終了時には壁ラインはまるでトライアルスポーツにダウンヒルを足したようなキワキワのラインセッションに発展。リフト当て込みポイントは地形を活かして7m以上ぶっとべるヒップセクションへと進化していきました!!
相変わらず、滑りっぱなしで写真もビデオも無いのですが、こういったスポーツの本質の一つとも思えるジャムやセッションをフリーランを通して皆さんと共有出来て、深く繋がり、感動できたことはまたスクートにハマる大きな要因になりそうです。
遠方からご参加下さった皆さん、ゲストライダーの皆さん、いつもながら無茶な企画を影から表から、、色々とサポートしてくれたローカルライダー達、滑りっぱなしであまりお話出来ない方々も多かったですが、滑りのレベルに関係無く、お互いの滑りを見てアゲられ、刺激しあい、言葉なんて少なくてもいい、、そんな一日でした。本当にありがとうございました!
またヤリましょう。
ride to rock!
–toolate