いつもありがとうございます シーズンに向けて中古スクート組み上げ中!

NEW MODEL第一段、アルティメイトライン

ittyaimasu2007_ultmt.jpg
スノースクートニューモデル 2007。を、、まずは速報ということでザザっと紹介。
第一段はアルティメイトライン!滑りやスタイルにあわせてボードとフレームを組み合わせ!
あなただけの一台を作り上げましょう!それがアルティメイトラインナップ。
特に今年のフレームキットは、、凄いですよ〜
↓GOGO


コレコレ!SNOWSCOOT(R)のアルティメイトラインはまさにスノースクートの特権。
BMXやMTBみたいにパーツを組み合わせて、好みの一台を組み上げる。僕達スクートおたくなの!?
旧モデルのパーツと組み合わせたり、最新ボードに最新フレームなど、、、自由自在。
(SUNNスノースクートやINSANETOYSスクートとも互換性がありますよ)
★昨年までは「カーボンとアルミのハイブリッドフレーム、チタンフレーム、アルミでヘッドアングル違いモデル」
等がフレームキットとしてリリースされていましたが、今シーズンは3つの超高精度アルミフレームキットが
ラインナップ。まだ実物の写真は公開していませんが、数年前に国産SUNNボードが出たときぐらいの興奮です!
「精度、軽さ、全てがとにかくむちゃくちゃいい」それでは見ていきましょう〜
framekit_2007_420.jpg
→まずはSTYLE-Aフレームキットでーす。完成車のSTYLE-Aのフレームのカラー違いとなっております
↓以下、メーカーコメント
「ベーシックなフレーム構造の名残を残しつつも、今季より採用のフレキシブルフレームシステム(特許出願中)を取り入れ、デビューした新スタイルラインに仲間入りした。」
Frame:Aluminium Fork:1″-1/8/Aluminium color:Red / Yellow
STYLE-A FRAME KIT 81,900円(本体価格:78,000円)
というわけでSTYLE-A。よくみると、、トップチューブが上部で少し曲がっています。これがフレキシブルフレームシステム。昨年行われたテストの結果、トップチューブに曲げを加える事によりフレームがより雪面からのプレッシャーを吸収しやすいという結果が出ました。でも足下のスペースやストラップの感覚(凄く大事!)は今までのトップチューブ形状のスクートとほとんど変わらないので「今までの感覚で乗れる、高精度、超軽量アルミフレームキット」という感じでしょうか?クロモリのちょっと重いスクートからの乗せ替え(ボードは再利用)、SUNNボードとの組み合わせ、ヘビーユーザーに起こりがちな取り付けネジ穴の広がってしまったフレームからの乗り換え、、などなど。以前と変わっていなさそうに見えて実はフルモデルチェンジ!?スノースクートフレームの正統派進化。大歓迎!カッコいいです
→続いて、、STYLE-Fフレームキットでーす。完成車のSTYLE-Fのフレームのカラー違いとなっております
↓以下、メーカーコメント
「昨年度デビューしたこのトップチューブ形状のSTYLE-Fフレーム。エアーでの技の入れやすさはもちろんのこと、ゲレンデでのフリーラン、、またパウダーや不整地などでもヒザが自由に動かす事が出来、バランスが取りやすくなった事が照明されている」」
Frame:Aluminium Fork:1″-1/8/Aluminium color:Red / Blue
STYLE-F FRAME KIT 81,900円(本体価格:78,000円)
思いっきり曲がったトップチューブが印象的なFフレームキット。昨年完成車で出ていたSTYLE-Fフレームの進化版です。基本的な作りはSTYLE-Aと同じで昨年までのフレーム類より明らかに一段階進化してます。(この辺の分析はまた後日)ということはAとの違いはトップチューブのみ!さて大きく曲がったトップチューブが滑りにどういった変化をもたらすのか?私事ながらSTYLE-Fフレームで昨シーズン100日以上滑走した経験からズバリ「次世代の滑り」を感じました。
「雪上で自由に乗物を操る」これがスノースクートや他の雪上自転車の魅力だと思いますが、ボードやスキーと違い、体と分離している「乗物」なだけに、、滑走時に体や思考が反応しても肝心のスクートが思い通りに動いてくれないと変な挙動をしたり刺さったり転倒したりしちゃいます。そこを操るのが面白いんですけどね(パウダーとかツリーランとか、、)
でもFのフレームはストラップでの固定に加えて曲がったトップチューブ(足下はプレス加工済)がくるぶし部分にビシっと挟まるので、もちろん自由度はあるのですが今までのモデルより明らかにスクートとの一体感が出ます!自転車でいうところのSPDペダルとかボードのビンディングにちょっと近いかもしれません、体が動けば良くも悪くもスクートもその方向に付いてくる。無理やりなリカバリーをしても普段なら転ぶけどなんとかなった!という瞬間も多いです。開発ライダーの我満選手も「明らかにパウダーなどでの乗り方が変わった、エアーのトリックのやりかたも変わった」と絶賛していました。
しかし、きちんとスクートのど真ん中に乗れていないとというか、有る程度操る技術がないと逆にトップチューブに頼り過ぎて腰から下だけのクネクネした滑りになっちゃうかもしれません、?
SCOOTKILL DVDで我満選手や大住の滑りを見ればなんとなくFの調子やノリが分かるかも。滑りに自信の有る方はSTYLE-FにSUNNボードというのが「フリーライドの最先端」のような気がします。
さて!気になる皆様、ぜひお問い合わせを〜〜。
→最後はSTYLE-Rフレームキットでーす。完成車のSTYLE-Rのフレームのカラー違いとなっております
↓以下、メーカーコメント
ロートップチューブ&トップチューブ構造で昨年デビューしたフレームに今季はついにフレキシブルフレームシステム(特許出願中)を採用し、更にパワーアップした。ライダーはよりハイスピード息でマシンをコントロールする事が出来る!!」
Frame:Aluminium Fork:1″-1/8/Aluminium color:Blue / Yellow
STYLE-F FRAME KIT 81,900円(本体価格:78,000円)
昨年からレースシーンに投入されたSTYLE-Rフレーム。ぱっとみなにが?と思いますが実はこのフォークの全長を見てもわかるように超低重心ジオメトリー。押さえつけるような滑りで攻めれば縦の変化にも強いレースコース向きのマシンともいえます、スピード好き!といってもビギナーの方は要注意。まずはノーマルジオメトリーのスクートで修業をつんでから。
完成車ですと、TYPE-Jボードが付いているのですが、そこをあえて手持ちのボードと組み合わせるならフレームキットありですねー。TYPE-Gボードなど太いボードも相性がいいようです。昨年モデルのトップチューブは迫力あるボックス形状でしたが、乗り味がソリッドになりすぎて人を選ぶ為、トップチューブが曲がっている今年のRは乗り味しなやか!