いつもありがとうございます シーズンに向けて中古スクート組み上げ中!

どっちにしようか?スノースクートを代表する2ブランド。

docchi.gif
今年もニューモデル情報もボチボチ出揃ったということで、、
お店&滑り手から見た2ブランドの比較です。なるべく細かいシチュエーションを例にあげたのでなにかの参考になればと思います。


まずはジックジャパンのSNOWSCOOT(R)とSUNNスノースクートですが、大きく分けて3つのカテゴリーに別れると思います。
★SNOWSCOOT(R) BASIC LINE
ONE,STYLE.COMPACT,MINI の各モデル
コンパクトやミニなどサイズが違うモデルもありますが、その辺りは体格に合わせて頂くとして、、特徴は「初めてでもめちゃくちゃ滑りやすい」です。全くスクートに乗ったことの無いビギナーの方、ウインタースポーツの経験も無い方でしたらTOOLATEはこの辺りのモデルをプッシュします。なんで滑りやすい?といわれると応えは一つ!「ボードが細身」これに尽きます。最近増えてきた太いボードのスクートとこの辺のモデルでそれぞれ初めての方が「せーの」でスクートに乗ったとすると細身のボードのモデルに乗った方はほとんど半日〜一日でスクートをコントロールして自由に止まったり曲がったり出来ます。太いボードの方はコントロールの仕方が分からないまま一日を終えることも、、あるかもしれませんね。
「家族と月に一回スキー場に行きたい」とか「ボードやスキーの友達と一緒に週末遊びにいく」という感じでレジャーで楽しむなら初めての一台はこの辺のモデルをオススメします。皆さん緊張しちゃうアイスバーンや急斜面でのコントロール性能も抜群です、スクートの基本「ずらす、止まる、曲がる、跳ねる」全部が上達する全ての基本となるモデル達です。
★SNOWSCOOT(R)ADVANCED LINE
STYLE-F,STYLE-R,その他TYPE-Y,G,Jボード等のスノースクート
スクートが滑れるようになると「キレイなカービングターンがしたい!」とか思っちゃいますよね。このモデル達の特徴はボードが少し太いこと、あとはフロントボードにも少しサイドカーブが付いていることです。それによって憧れの一本エッジラインが残るカービングターンが実現しやすくなります。でも。太いってことは倒し込んで曲がることになるので、ちょっと滑りのレベルが問われます。倒し込んで曲がれなかったら「コントロールしにくい」と感じる時間のほうが長くなるかも?なんで?ってなると最初に紹介した細身のボードのモデルに比べて積極的にスクートに力を加えてやらないと(踏み込んだり倒し込んだり)エッジが接雪しにくいんです。この辺りはスクートがハンドルと荷重の操作で二枚のボードを操るっていう独特の動きからくる特徴ですね。でも数日滑ればきっとコツが分かってくるので「俺は本気なんじゃー!」ってスクート頑張る!方なら最初の一台の候補に入れてもいいと思います。ただ、その場合はボードは少し柔らかめを選びましょう。あと、特筆すべきは最後に紹介するSUNNボードと同じくボードが太くてパウダーからカービング、パークまでなんでも楽しめるボードなのですが、実は全長はSUNNボードほど長くないってことです。ゲレンデ内で遊ぶにはあんまり長いボードは持て余します。アドバンスドラインのボードを付けたスクートは日本のゲレンデにホント、ジャストなサイジングだと思いますよ〜。加重時に余計なネジレが無くてバニーホップ、マニュアルの安定感もピカ1なのでパーク、フリースタイルでも安心して体を預けることが出来ますね、パーク、ストリートではミリ単位でコントロールできるボードです。
★SUNNスノースクート
全モデル、及びボードセット
SUNNのボードはスクートボードを二次元>三次元に変えちゃった。ってぐらい素晴しいボードだと思います。でも実際に幅広だし、長いし、ビギナーの方がいきなりこのボードやスクートに乗り換えてもおそらく感じるのは「戸惑い」です。TOOLATEローカルのお客様(かなり滑れる方)でも「細身のボードからSUNNに変えたら慣れるのに1ヶ月かかった」という方もいらっしゃいました。まず、ボードのしなりの頂点が他のスクートボードに比べるとずっと前のほうにあるということ、あとは単純に太い、さらに上で紹介したアドバンスラインのボード同じくフロントボードがわずかにカーブを描いていること、おまけに全長も長い。ただ、ふとしたときに滑りのポイントや荷重のポイントがわかればどんな天候でも雪質でもフリーランが楽しすぎて思わず日没まで滑っちゃいたくなるような最高のスクートになります。特にパウダー&食いつぶされてボコボコの新雪とか凄いですよ!天才になっちゃったんじゃ!?と錯覚するぐらい不整地でもスクートが思い通りに動きます。びびるぐらいの急斜面、コケたら雪崩れそうな雪、そんな状況のときに自信を持ってトライできるボードは?といわれれば間違いなくSUNNです。昨年SUNNを購入された方、また今年検討されている方は1日でも多く滑って奥深いSUNNボードの性能を楽しんでほしいですねー!
★TOOLATEが独断で選ぶ今年のイケてるスノースクート★
初めてで快適に滑りたかったら
>STYLE MODEL(結構軽くて、コントロール最高)
ゲレンデ以外にパークでガンガン遊ぶ。もちろんパウダーやレースも
>TYPE-Y,G,Jボードがついているスクート(STYLE-F等)
ゲレンデの脇のパウダーが最高、あとはゲレンデフリーランにパークやレース
>SUNNのお好みのモデルやボード
スノースクートってどんなモデルでも一通り楽しめるし、最高!ですが、せっかく色々なモデルが出ているからモデル選びで悩むのも楽しいですよね〜。また気になるポイントがあったらお問い合わせください。ずっと滑っているライダーとして、相当限定されたシチュエーションのご質問でも一通り相談に乗れると思います。