いつもありがとうございます シーズンに向けて中古スクート組み上げ中!

昨年モデルのJYKK SNOWSCOOT(R)アルミ完成車、フレームキットに付属のアルミフォーク,不具合による無償交換のお知らせ

大変お世話になっております
SNOWSCOOT(R)を開発、発売する(株)ジックジャパンより昨年度のモデル(2006-2007モデル)の一部モデルに製造上の不具合が発見されました。まだ大きな事故等には繋がっていませんが、メーカーとして,該当モデル全てのパーツ交換を行うように案内が来ました
——————————–
-スノースクート昨年モデルフォーク交換に関して-
該当モデル:2006-2007スノースクートより
スタイルA完成車、スタイルF完成車、スタイルR完成車
スタイルAフレームキット、スタイルFフレームキット、スタイルRフレームキット
(今期2007-2008モデルのフォークは対応済)
以上のモデルのフォーク部分のリコール、無償交換となります
不具合の症状:アルミフォークのコラム付け根部分の強度が不足しており、使用を続けるとフォークコラムにヒビが入る可能性がある、最悪の場合フォークの破損に繋がる可能性がある
不具合事例:2007年12月現在 二件確認
今回のリコール手順:メーカーと販売店、該当ユーザーが連絡を取り合い
ケース1:ユーザーより現状のフォークをメーカーへ発送、メーカー確認後、ユーザーへ対策済フォークを発送、ユーザー様にて取り付け
ケース2:フォーク&フレームをメーカーに発送、メーカー側にてフォーク交換後、返送
ケース3:スクート本体ごとメーカーに発送、メーカー側にてフォーク交換後、返送
※いずれも送料はメーカー負担
———————————
→ここまでが現在メーカーが対応している状況です。
スクートには完成車、フレーム問わずメーカー側でユーザー登録に使う登録ハガキが付属しています。
原則として、この登録ハガキを郵送しているユーザー様対象となります。
が、やはりハガキ登録をしているユーザーさんは少ないようでメーカーも現状確認に帆走しているようです、リコール対象モデルをお買い上げ、お持ちのお客様はまずは登録ハガキが手元にないか確認してみてください。
当店で該当モデルをお買い上げになられたお客様(新品、セール、型遅れ問わず)にはメーカーと協力して交換の案内を順次送らせて頂くよう努力致します,
が,事故例はないとはいえ現状のフォークを使い続けるのは危険が伴います,早期交換処理を希望のお客様はお早めに販売店かメーカーまで御連絡下さいませ(フレームヘッドチューブ前方にフレームシリアルナンバーが打たれています,個体情報、生産ロット把握の為にもこちらをご確認の上、御連絡下さいませ)
ジックジャパン株式会社 スノースクート部門
———————————
↓リコールに関しての連絡、お問い合わせ
ジックジャパン株式会社 スノースクート部門
TEL:046-856-6667
FAX:046-856-9381
info@jykkjapan.com
★TOOLATEにてお買い上げの方でお急ぎの方、現状を把握,相談されたい方は,,
TOOLATE 富山県富山市南田町1-3-10
地図はこちら★
お電話でのお問い合わせ 076-425-5422
メールでのお問い合わせ(商品名をお忘れなく!)
TOOLATEトップページ
まで御連絡下さいませ
※まだ事故例は無いとはいえ、リコールを決断したメーカーの判断は今後のスクートシーンにおいても正しい決断だと思います。ユーザーの皆様には大変お詫び申し上げるとともに、まずは保証ハガキかフレームシリアルを確認してメーカーか販売店に御連絡を!